CLOSE MENU

ガンダム試作4号機

ガンダム試作4号機
  • 宇宙適正
一年戦争後に実施された連邦軍再建計画の一環であるガンダム開発計画において、最強のMSのコンセプトを体現するため、かつてジオン公国で開発された強襲用MSを参考に、その概念を現在の技術で具現化したMS。
プロペラント・タンクと一体化したシュツルム・ブースターがもたらす爆発的な推進力と、高威力を誇るロング・ビーム・ライフルを装備し、近接戦闘能力も高く設定されていたことで、強行突撃による短時間での制圧、敵勢力の殲滅が達成可能とされた。
しかし、一部機体コンセプトが試作1号機と重複していたことでガンダム開発計画から除外され、表向きは開発中止となり、アナハイム社が独自に開発を続行。
後にアナハイム社の裏取引き相手であったシーマ艦隊に、外装や一部仕様を変更して、「ガーベラ・テトラ」として譲渡されることとなったため、この姿を知るものは少ない。
TOP