CLOSE MENU

グフ飛行試験型

グフ飛行試験型
  • 地上適正
ジオン公国軍の地上における戦線の維持、拡大要請に対し、MSに飛行性能を付与することで、効率的な戦略・戦術展開を確立する計画の一環として開発された機体。
計画立案時、軽量で高い機動性を発揮していたグフが、機体開発のベースに選定され、スラスターの出力強化、熱核ロケット・エンジンの脚部集中化、腰部への補助ブースターの増設が施された4機の試作機が開発される。
試作機の稼働実験では、長距離ジャンプ程度の低高度飛行に留まり、規模は縮小されながらも2機の試作機を使い、計画は継続されていくこととなるが、飛行に成功しても燃料搭載量をはじめとする航続距離に問題が残るなど、当初の目的を果たせず実戦投入されることはなかった。
一年戦争後、地球連邦軍が本機を接収し、改造することで運用したことが記録されている。
TOP