CLOSE MENU

ジム・スナイパーⅡ

ジム・スナイパーⅡ
  • 地上適正
  • 宇宙適正
生産性を重視したジムと、そこから派生したバリエーション機では、機体性能の限界を感じた一部のエースパイロット達の意見を受けて、ジム・コマンド系統のフレームをベースに限界まで強化改修を行なった1年戦争におけるジムの最高峰機体。
スナイパーの名を冠しているのは、頭部のバイザーにコスト度外視で内蔵された精密射撃用センサーと、高性能な光学カメラの能力を最大限に活かせるのが狙撃だったためであり、機体の基本性能で比較した場合でもカタログスペック的にはガンダムやジオン公国軍のゲルググに匹敵するクラスの総合性能となっている。
しかし、特別な仕様を贅沢に盛り込んだ少数生産機のため、整備性を始めとする運用面に問題を多く抱え、万全状態での出撃例は少なかったようであり、配備が終戦直前になったこともあって、実戦における目立った記録を残せていない不遇な機体である。
TOP