CLOSE MENU

ザメル

ザメル
  • 地上適正
一年戦争末期に、中距離からの狙撃と後方からの支援砲撃による運用を想定した、地球連邦軍の「ガンキャノン」と同様の運用思想をもって製造された、中・長距離支援用のモビルスーツ。
ガンキャノンと異なり、機動性のある砲台として設計され、ホバー走行用に腰部と脚部に容量の大きな熱核ジェットエンジンと、そのための2重エアインテークや、砂漠仕様のエアフィルターが装備されており、重厚な容貌からは想像しがたいほどの高い移動性能を備える。
また、カノン砲射撃時に生じる衝撃に対する緩衝装置がわりとして、複雑な3重関節が採用され、反動を抑制するための脚部はかなり大きくなっている。
開発は一年戦争時であるが、実戦にてその存在が確認されたのはデラーズ紛争時となる。
TOP