CLOSE MENU

ガッシャ

ガッシャ
  • 地上適正
  • 宇宙適正
小惑星ペズンにおいて、秘密裏に兵器開発を行う「ペズン計画」によって試作された機体群の中の1機。
形状的には水陸両用MSの面影を残しているが、戦争末期の実戦投入を想定し、空間戦や月面などの低重力戦を重視した設計となっており、背部に特徴的な2本の対地センサーが装備されている。
リック・ドムなどと連携しての強襲作戦を想定した際の突撃機としての役割を果たすべく、機動力と打撃力が重視され、内装式火器の他に質量攻撃を行う特殊な携行式射撃武器を装備。
さらに格闘戦にも対応したクロー型のマニピュレーターを採用。
突撃と離脱を繰り返すMAのような運用を目指したが、他機種との互換性が低下してしまい量産は見送られた。
TOP