CLOSE MENU

シュツルム・ガルス

シュツルム・ガルス
  • 地上適正
  • 宇宙適正
ネオ・ジオンが地球圏侵攻のために開発した白兵戦用機体であるガルスJをベースに、極限まで格闘戦に特化した改修を加えたバリエーション機。
ベース機のガルスJは、アクシズへの帰還を果たした旧ジオン公国軍系の技術者たちが開発したことで、デザインやコンセプト面は既存のアクシズ系MSより旧ジオン系MSの色が濃いものとなっているが、第2世代MSの基幹であるムーバブル・フレームやリニアシートなどの最新技術も取り入れた機体となっていた。
ガルスJは、操縦性の高さと安定した性能、生産性の高さが評価されて量産されたが、白兵戦用機体としては内蔵武装の多さに起因した重量増加や機体大型化などが欠点となった。
本機は余剰な装甲や装備を削ぎ落して徹底的に軽量化を行うことで、格闘戦に必要な運動性と可動域を高めている。
尚、この個体は最低限の推進系を残した仕様となっている。
TOP