CLOSE MENU

バイアラン・イゾルデ

バイアラン・イゾルデ
  • 地上適正
  • 宇宙適正
非変形で飛行可能なMSとして試作開発されたバイアランの残存機をもとに改修された、ブッホ・ジャンク社の私設部隊バーナムが運用した機体。
ベースであるバイアランは、地球上での制空権を確固たるものにするべく変形機体のような開発と運用のコストをかけずに単独で人型のまま飛行可能なMSを目指して試作された。
本機の最大の特徴は、頭部がガンダムタイプに酷似したものへと換装されていることで、背部には同時期に地球連邦軍が技術評価試験機として開発していたバイアラン・カスタムと同型のプロペラントタンクを内包した増加スラスターが2基追加されており、加速性能や継続飛行性能が上昇したものとなっている。
ただし、クロー・アームの装備によって近接攻撃力の増強を重視したバイアラン・カスタムに対し、本機は汎用性の高い原型機の腕部をそのまま残すなど、ある意味バイアランとバイアラン・カスタムの中間的位置づけの改修機となっている。
TOP