CLOSE MENU

ガルバルディα

ガルバルディα
  • 地上適正
  • 宇宙適正
小惑星ペズンにて秘密裏に兵器開発を行う「ペズン計画」によって開発された、ゲルググタイプの高性能機体。
次期主力MSの選定において、ゲルググとその座を争った、ギャンが持つ格闘戦闘能力は、ゲルググの高性能化を図る上で魅力的であり、その格闘戦闘能力を付与する形でゲルググの後継機として構想されたといわれる。
ペズン計画では陸戦用のA型、宇宙戦用のB型の開発が進められていたが、A型は大気圏内での飛行および高機動戦闘を目指していたが達成できず開発中止になったといわれており、本機は当初の構想のまま開発に成功したB型となる。
A型との差別化で宇宙戦用と言われてはいたが、ゲルググやギャン同様、宇宙空間と重力下のどちらにも対応可能な汎用性の高い機体であった。
一年戦争時の実戦記録はほとんどなく、完成した機体の一部はアクシズに運ばれ、残りは地球連邦軍に接収された。
TOP