CLOSE MENU

カプール

カプール
  • 地上適正
第1次ネオ・ジオン戦争において、ハマーン率いるアクシズが地球侵攻を念頭に開発した水陸両用MS。
装甲にはガンダリウム合金が採用され、強度の向上と同時に大幅な軽量化を実現、ジェネレーターも同時期のMSにおいても高出力なものに換装されており、旧ジオン公国で開発された水陸両用MSを参考にしてはいるが、第2世代MS相応の性能を獲得した機体となっている。
武装も旧来の水陸両用MSにならって多様な内蔵式武器を搭載しており、さらに強力なアイアン・ネイルによる格闘攻撃を加えることで、陸上でも高い戦闘能力を有した。
独特な機体形状を持ちつつ、機体サイズはかなり小型化されており、機動性も良好なものとなっている。
本機は、地上に潜伏するジオン残党軍に供与されたが、海をもたないアクシズが開発したこの機体の性能に懐疑的な者も多く、実戦で本来の性能を発揮したのは後の時代となった。
TOP