CLOSE MENU

ジムⅢ[近接戦仕様]

ジムⅢ[近接戦仕様]
  • 地上適正
  • 宇宙適正
ジムⅡを改修したグリプス戦役後の連邦軍の主力MSの装備バリエーション。
通常仕様は機体各所にミサイルが装備され、支援機のような重武装となっていたが、それらを排除することで、機動性保持のために採用されたガンダムMkーⅡの同型バックパックの高出力を活かし、機動性重視の近接戦闘用のMSとして運用されることがあった。
ジムⅢは、グリプス戦役後の政権交代や、アナハイム社へのMS開発の委託拡大など、複雑な時代背景の中で生み出された機体であり、アナハイム社製の次期主力MSが完成するまでの一時しのぎとして、数年でジェガンに主力機の座を譲ることとなったが、本機のように目的別にカスタマイズすることで、その後も長期にわたり運用され続けた。
同仕様の機体は、ラプラス事件の際の地上におけるジオン残党軍の決起においても、高火力のビーム・ジャベリンを装備して奮戦したことが確認されている。
TOP