CLOSE MENU

ガザD

ガザD
  • 地上適正
  • 宇宙適正
ジオン公国軍の残党勢力であるアクシズが、場つなぎの主力機として大量生産したガザCをベースとしつつ、総合性能を向上させた後継機。
ガザCの設計コンセプトを受け継ぐ主力量産可変MSとして他機種の生産と並行して開発が進められた。
早期大量生産を念頭に開発されたガザCは、一定の成果を出しつつも同時代のMSとして多くの問題を抱えており、本機では、主にその問題の解消に注力。機体構造の見直しによって脆弱だった機体剛性を向上、小型軽量化および推進力増強による機動性の向上、武装もミサイル・ポッドなどの内蔵火器増設をはじめとして総合的に強化され、ガザCの問題点のほとんどを解消するに至った。
さらにガザCの生産ラインを流用可能とし、生産性の高さも引き継いだ本機は、ガザCに代わる主力量産可変MSとして第一次ネオ・ジオン戦争に投入され、その後も長く運用されることとなった。
TOP