CLOSE MENU

ドワス改

ドワス改
  • 地上適正
  • 宇宙適正
ドム系統の最終生産型であるドワスの改良機。
ベースであるドワスは、リック・ドムⅡ(ツヴァイ)の機動性強化を目的として開発されたものの、生産時期が一年戦争の末期であったこともあり、実戦投入されることなく終戦を迎えたとされる幻のMSであった。
完成していたドワスは、アクシズに逃れたジオン残党軍が持ち出しており、アクシズにて機動性向上やビーム兵器運用を見越したジェネレーター出力の向上、一部の装甲材に第3世代ルナ・チタニウム合金(後のガンダリウム合金)を使用するなどの強化改修を受け、第1世代MSながらも総合性能の非常に高いドワス改へと生まれ変わった。
新装甲材のサンプルとして、アナハイム・エレクトロニクス社にこの機体が譲渡されたことで、第2世代MSの要件を満たした初期機体である、リック・ディアスが開発されたといわれているが、その真偽、経緯については定かではない。
TOP