CLOSE MENU

ギャン・エーオース

ギャン・エーオース
  • 地上適正
  • 宇宙適正
ジオン公国軍の次期主力MSとして開発されたギャンは、機種選定でゲルググに敗れて量産に至らなかった。
本機は、試作された3機のうちの2機を突撃機動軍の要望によって、ツィマット社とジオニック社の2社協力の下で実戦配備用として改修した機体である。
試験的な複合武装であったシールド状の装備は、内蔵していた武装をオミットして本来のシールドとして運用され、近中距離での戦闘用としてビーム・ガンと、ビーム剣を備えた銃剣型の試作武装が新たに用意された。
元来の様々な革新的技術を投入したハイスペックな機体性能に加え、兵装や機動戦闘能力の見直しによって汎用性を大幅に増した本機は、突撃機動軍の旗艦直衛部隊に配備された。
量産化も再検討されたが、戦局の切迫もあって量産には至らなかった。
TOP