CLOSE MENU

シナンジュ

シナンジュ
  • 地上適正
  • 宇宙適正
アナハイム・エレクトロニクス社がサイコ・フレームの限界性能とデータ収集を目的に試作したシナンジュ・スタインを強奪した「袖付き」が、フル・フロンタルの専用機として各種改修を施した機体。
地球連邦軍の「UC計画」の一環として開発されたサイコ・フレーム実験機を原形としており、高い機体追従性と機動性を特徴としている。
本来、サイコ・フレームの限界性能を探るためにパイロットは搭乗させずに機械的な数値計測を想定していたため、袖付きによって機体構造に改修が加えられた後でも、高次元の機動性を実現したその機体性能は、とてもではないが常人に扱えるレベルではなかったとされる。
この機体を袖付きのフラッグシップ機たらしめ、対峙した地球連邦軍に恐怖を与え続けられたのは、まさに「赤い彗星の再来」と呼ばれたフル・フロンタルその人の技量とセンスによるものであった。
TOP