CLOSE MENU

ザク・マリナー

ザク・マリナー
  • 地上適正
1年戦争終結後、地球連邦軍がジオン公国軍から接収して利用していたザク・マリンタイプを発展、改良して生産した水陸両用MS。
外装から新造されていたマリンタイプと異なり、ザク本来のパーツを流用し、ハイドロジェットパックなどの水中用装備を半アタッチメント化して装着する設計となったことで、生産性が格段に向上し、運用および整備面に関しても扱いやすいものとなっている。
この設計思想は後のゼー・ズールなどにも活かされた。
第1次ネオ・ジオン戦争にてネオ・ジオンが地球連邦軍本部のあるダカールを制圧していた際に接収され、ネオ・ジオンおよびジオン残党軍によって運用されることとなった。
ネオ・ジオンでは地球侵攻に際して新型の水陸両用MSであるカプールを用意していたが、現場の兵たちは、本当の水中戦を知らずに宇宙で開発されたカプールより、本機のほうが信頼がおけるとして好んで使用していた。
TOP