CLOSE MENU

バウンド・ドック

バウンド・ドック
  • 地上適正
  • 宇宙適正
地球連邦軍がニュータイプ研究所協力のもとで開発し、ティターンズが運用した試作可変MA。
旧ジオン公国軍のMAを参考に、巨大なクローによる物理攻撃を大推力からなる高機動で行うという分かりやすい戦闘コンセプトを根底に持ちつつ、パイロットの思考を機体制御にダイレクトに伝えて追従性を高めるサイコミュ・システムを搭載している。
サイコミュ・システムに関してはサイコ・ガンダムにおいてパイロットへの負荷の高さが問題となっていたため、負荷を軽減した改良型が搭載され、これによりニュータイプ能力の低いパイロットでも操縦が可能となったが、パイロットの意識を本機の発生するサイコ・ウェーブで拘束し、戦闘衝動を発生させる機能も有していたとされる。
設計では、地上、空中、宇宙の全領域対応機となっており、大型化は免れなかったが、攻撃力、防御力、機動力の全てにおいて高水準な実験機となっている。
TOP