CLOSE MENU

ゲルググJ

ゲルググJ
  • 地上適正
  • 宇宙適正
統合整備計画の下ゲルググを精密射撃仕様に改修した機体。通称、ゲルググJ(イェーガー)。
ゲルググの最終生産タイプにあたるが、単なる仕様変更ではなく、統合整備計画に基づく標準化を設計に取り入れた事実上の新設計機と言ってよいものとなっている。
新型のジェネレーターをさらにチューンして搭載し、リア・スカートの推進器を増設、姿勢制御用のスラスターが多数装備され、高い機動性と運動性を獲得。ランドセルには作戦行動時間を増やすためのプロペラント・タンクを2基装備可能としている。
指揮官クラスでの運用を前提としており、レーザー通信装置をはじめ、高性能な電子機器や火器管制装置を標準装備。
狙撃型ではあるが、その機体性能は総合的に非常に高いものとなっている。一年戦争終結直前に完成したが、生産数は非常に少ない。
TOP