CLOSE MENU

ガンダム4号機

ガンダム4号機
  • 地上適正
  • 宇宙適正
MSの実用化が達成され、次世代機開発のテストベッドとなったRX-78セカンドロットの中で、次世代宇宙用高機動MS開発計画の実験機として、オーガスタ工廠の技術者による改修を受けることとなった2機のうちの1機。
コア・ブロック・システム撤廃によって機体スペースを確保し、冷却機構を改善することで、ジェネレーター出力を上昇させたことで機動性が飛躍的に向上している。
コードネーム「G04」と呼ばれる本機は僚機の「G05」と連携運用することを想定し、高出力ビーム兵器の使用を目指した実験機として、さらなる改修を受けてたため胸部形状が異なる。
宇宙用に最適化された機体だが、ベースであるRX-78の基本スペックと汎用性の高さにより、パフォーマンスは発揮しきれないながら重力下運用も可能だが、あくまでその真価を発揮できるのは宇宙空間である。
TOP