CLOSE MENU

リック・ドム<br>[シュトゥッツァー]

リック・ドム
[シュトゥッツァー]
  • 地上適正
  • 宇宙適正
リック・ドムをベースに一年戦争後のジオン残党軍が開発した改修機。
ベースはリック・ドムとされるが、運用されていた機体の外観からは統合整備計画に基づいた設計であるリック・ドムⅡが利用されていたと思われる。
本機は上半身に兵装ユニットを装備することで、攻撃力強化に重点を置いており、構成としては機体前面にウインチ・ユニット、両肩部にミサイル・ポッド、背部に機雷散布用のユニットを持つ。
多数の兵装が搭載されたことで火力増強に成功した代わりに火器管制の複雑化という問題が生じたが、その点は熟練パイロット揃いのジオン残党軍において大きな問題ではなかった。
旧式の装備ながら、手数を増やしつつ、戦術を駆使して戦うことを前提に改修された本機は、ジオン残党軍ならではの現地改修機の1つといえるだろう。
TOP