CLOSE MENU

バルギル

バルギル
  • 地上適正
  • 宇宙適正
ネオ・ジオンの再蜂起に向け次世代のサイコミュ・システムの実験機として開発された、ニュータイプ専用試作MS。
機体の軽量化を目指し、推進器を全身に内蔵した構造となっており、同時期の他の試作機と比較しても、機動性や運動性の面では優れた機体となった。また、プロペラントタンクによって稼働時間の延長にも成功している。
しかし、同時期に開発されていたサイコ・フレームを採用したヤクト・ドーガと比べ、機体性能では匹敵しつつも、サイコミュの性能は低く、安定性を欠いたものとなっていたため、ニュータイプ専用の試作MSとしては失敗作と評されてしまうこととなった。
しかし、戦闘で中破した際に、漂流していたG・ドアーズの頭部を代用品として接続したところ、サイコミュがオーバーライドされてサイコプレートが使用可能となり、白く塗装された後はムーンガンダムと呼ばれるようになる。
TOP