CLOSE MENU

アッシマー

アッシマー
  • 地上適正
地球連邦軍のオークランド・ニュータイプ研究所にて開発された試作可変MA(TMA)。
TMAは、後のZガンダムを代表とする可変MS(TMS)の技術的な架け橋となっていく。
本機は、大気圏内にてサブ・フライト・システムを用いずに飛行および戦闘が可能な機動兵器として開発され、マグネット・コーティングを施したドラム・フレーム構造を導入することで、MS形態への可変までを実現し、MAの機動性とMSの汎用性を両立させた画期的な機体となった。
円盤のような独特な形状をしたMA形態によって、高い航行能力と運動性を実現し、十分な空戦性能の獲得にも成功している。
標準装備される武装が専用の大型ビーム・ライフルのみであることで火力不足の感は否めないが、地球連邦軍の標準的な装備は運用可能とされている。
TOP