CLOSE MENU

ガルバルディβ

ガルバルディβ
  • 地上適正
  • 宇宙適正
ジオン公国軍が開発したガルバルディを一年戦争後に地球連邦軍が接収し、大幅改修、量産化した機体。
戦後の地球連邦軍は損耗した戦力の立て直しに、積極的に接収したジオン公国軍のMSを活用していたが、本機のように後継機と呼べるほどに大がかりに手を加えた機体は珍しい。
装甲材やジェネレーター、スラスターの改良と全天周囲モニターではないものの、第2世代型MSの基準のひとつであるリニアシートの搭載などが改修点として挙げられる。機体装甲の材質変更と材質量の軽減により、戦後新設計機として開発されたハイザックに比べても、機動性や運動性を凌ぐ性能を見せ、総合性能は第2世代MSのマラサイに匹敵するとも言われており、ガルバルディそのものの基本設計の確かさが明らかになったが、機体性能を発揮するには非常に優れた技量を持つパイロットが必要とされ、月面のグラナダや、ルナツーなどの防衛部隊に属するエース・パイロットたちに配備されていくこととなった。
TOP