CLOSE MENU

ジム・スナイパーⅡ<br>[WD隊仕様]

ジム・スナイパーⅡ
[WD隊仕様]
  • 地上適正
地球連邦豪州方面軍に所属するMS特務遊撃隊「ホワイト・ディンゴ」が、豪州反攻作戦の最終局面で使用。
スナイパーの名を冠しながらも、総合的な高性能機である、ジム・スナイパーⅡをホワイト・ディンゴ隊の戦闘スタイルや任務内容に合わせ、狙撃用の各種機構や宇宙用装備をオミットし、陸戦能力と状況適応力向上を目指して現地改修した特別な機体となっている。
外観と装備上の変更点として、頭部には基地制圧や牽制のためのバルカン砲内蔵ユニットを増設。対地掃討用にハンド・グレネードを携行し、陸戦型シールドと大型シールドを結合させた急造の専用シールドを装備。
最前線で蓄積したデータと、凄腕の専属整備士との信頼関係に基づき、即興ながら機体本来の性能を引き出しつつ、実戦的で優秀なカスタム機となっており、部隊内ではこの機体をジム・スナイパーカスタムⅡと呼んでいたとも言われる。
TOP