CLOSE MENU

ヘイズル改

ヘイズル改
  • 地上適正
  • 宇宙適正
ティターンズが「TR計画」にて開発した試作1号機であるヘイズルが損傷した際、予備部品とジム・クゥエルの部品で強化改修された機体。
ヘイズルは、整備性や信頼性からジム・クゥエルをベースにすることで開発期間の大幅短縮に成功すると同時に、各部を強化パーツに換装したことで高性能化も図られている。
頭部がガンダムタイプになっているのは、ジオン残党に対する心理的影響を検証するためといわれる。
本機は様々な新装備を検証するための機体であるため、拡張性に優れた設計となっており、オプション装備装着時の重量増加を見越して足首などの機構が強靭なものとなっている。
ヘイズル改は、見た目の変化はほぼないものの、蓄積されたデータのフィードバックによって、ОSのバージョンアップや構造最適化、素材変更などが行われ、総合的な性能向上を果たしたものとなっている。
TOP