CLOSE MENU

ギャプラン

ギャプラン
  • 地上適正
  • 宇宙適正
地球連邦軍がアッシマーに続いて採用した可変MA。
開発はオークランド・ニュータイプ研究所で、重力下での飛行能力に加え、宇宙空間での戦闘にも対応し、火力面やMS形態での運動性の向上も実現した意欲的な機体となっている反面、作戦行動時間が短いなどの課題も多く残している。
両腕部に装備されたムーバブル・シールド・バインダーによって、急激な軌道変更を可能としたが、パイロットの身体に多大な負担が掛かるため、試作機の搭乗者は特別に耐G能力に秀でているか、強化人間に限られる。
後にいくつかの問題点の改修と共に一般パイロットでも搭乗可能にするためのリミッターをかけた量産機が少数ながら生産されている。
オプションとして用意された専用の大型ブースターを装着することで、大気圏内での高々度迎撃を行う他、弾道飛行によって地球上の各地へ短時間での投入が可能となっている。
TOP