CLOSE MENU

ガンキャノン・ディテクター

ガンキャノン・ディテクター
  • 地上適正
グリプス戦役時、地上におけるゲリラ戦に適した砲撃戦用のMS配備を切望していたカラバからの要請を受けたエゥーゴが、アナハイム社に依頼して開発された機体。
メタスのムーバブル・フレームを転用することで、射撃体勢へのスムーズな移行を実現すると共に、バックパックに装備されたメインアームの展開で、射撃時の反動を軽減し、高精度の安定した射撃性能を実現している。
両肩に装備されたジェネレーター直結式の高出力ビーム砲をはじめとして、十分な火力を持つ。
カラバのリーダーであるハヤト・コバヤシに敬意を示し、赤い機体色と、かつての搭乗機にちなみ、「ガンキャノン」の名前が与えられたが、実際にはメタスの派生機となる。
完成したごく少数の機体をカラバが運用した後第1次ネオ・ジオン戦争終結の際に地球連邦軍へと編入され、新たに生産したと思わしき複数の機体がトリントン基地に配備された。
TOP