CLOSE MENU

ジム・カスタム

ジム・カスタム
  • 地上適正
  • 宇宙適正
地球連邦軍が一年戦争終結後に再編計画の一環としてジム系の高性能化を目指して開発した機体。
開発を担当したのがアレックスを生み出したオーガスタ基地であったことから、基本設計やパーツ規格にアレックスとの共通点が多く見受けられる。
各部スラスターの大型化をはじめ、肩部の複合インテークダクト形状など、ジム系では見送られていた各種仕様を実装し、高出力なジェネレーターを採用することでガンダム系に匹敵する極めて高い総合性能を獲得している。
しかし、同時期における次世代機の開発競争において、総合性能は高いものの突出した特徴もなく高コストであったことから量産化には至らず、生産された少数がエースパイロットへ配備されるに留まった。
デラーズ紛争におけるアルビオン隊所属機が代表的。
TOP