CLOSE MENU

ガンダム試作1号機

ガンダム試作1号機
  • 地上適正
一年戦争終結後の連邦軍再建計画の中で、MSの積極的運用が方針とされ、その方針の下に始動したガンダム開発計画によってガンダムのコンセプトを継承して開発された機体。
機体構成そのものはオーソドックスなものとなっているが、Eパック方式のビーム・ライフルやビーム・コーティングされたシールドなど、シンプルながらも最新技術を盛り込んだ装備と合わせ、高次元でバランスのとれた機体となった。
その他、戦後に接収したジオン系の技術を応用する事で開発に成功した小型高出力の新型アクチュエータを搭載。これにより、後にムーバブル・フレームに発展する設計思想をもつ、四肢そのものの独立駆動という革新的な機体構造が実現され、高い運動性を獲得した。
本来はある程度の宇宙戦闘も可能な設計だが、本機は重力下テスト用の装備と調整により陸戦仕様となっている。
TOP