CLOSE MENU

ジム・キャノンⅡ

ジム・キャノンⅡ
  • 地上適正
  • 宇宙適正
一年戦争後、ガンキャノンを始めとする地球連邦軍の中距離支援用MSの集大成として開発された機体。
量産化に難のあったガンキャノン系列の問題点を見直し、機体フレームやジェネレーターなど多くの部分をジム・カスタムの生産ラインと共用化することで量産コストを軽減。
エネルギーCAP技術によりビーム砲の出力が安定したことで、両肩に装備するキャノンが実体弾からビーム砲へと換装され、実体弾キャノン装備の機体に比べ装備重量が低下。
本体はアレックスのオプションであったチョバム・アーマーの概念を取り入れた装甲を採用しつつ、脱着式増加装甲としないことで重装甲にも関わらず機体重量の大幅増加をせずに済んでいるため、装備重量の低下と合わせて、総合的に十分な機動力を保持している。
機体ベースがジム系統なので名称はジム・キャノンⅡとなっているが、シルエット的にはガンキャノンに近い。
TOP