CLOSE MENU

ゲルググG

ゲルググG
  • 地上適正
次期主力MSであるゲルググの有用性を確信していたジオン公国軍は、地上への投入を早期決定し、グラナダで生産した部品をキャリフォルニア・ベースへ送った。
G型と呼ばれるゲルググには、基本設計はそのままに重力下での機動力維持のために高機動ランドセルを装備したMS-14G、砂漠用改修機のMS-14GDの2種が存在し、本機は後者である。
地上の戦況悪化に伴い、一部仕様変更を余儀なくされ、脚部スラスターユニットが排除されてしまった本機だが、これにより推進性能が低下したものの、重力下でのネックであった重量が軽減され、総合的な機動力は向上した。また、脚部の被弾面積も減少し、結果的にはより陸戦向きな改修機となった。
キャリフォルニア・ベースからの撤退までに8機のみ建造された少数配備機。
TOP