CLOSE MENU

ガンキャノン<br>重装型タイプD

ガンキャノン
重装型タイプD
  • 地上適正
RX計画で中距離支援MSとして開発されたガンキャノンを改修したガンキャノン重装型をベースに、さらなる強化改修を施した改良型。
重装型タイプDと呼ばれるこの機体は、中距離支援MSとしての火力を維持したままに、装甲強化に加えて機体各部へのスラスター増設によって機動力を向上させ、より前線で戦闘可能な総合能力の高い汎用的な機体となっている。
性能試験で高性能を示し、制式採用になったものの、後発の再設計機や量産試作機のプランが優先されたことで、少数が生産されたのみとなった。
ガンキャノンタイプには珍しいシールドの装着は、主兵装を装備した際のカウンターウェイトの意味合いが強い。
戦場での目撃例は少ないが、北アフリカと中央アジアで確認され、とある特殊部隊でも運用されていたとされる。
TOP