CLOSE MENU

メタス改

メタス改
  • 地上適正
  • 宇宙適正
Z計画の一環として、アナハイム・エレクトロニクス社が開発したエゥーゴの試作型可変MSメタスの強化改修型。
メタスの実戦運用化にあたり、ガンキャノン・ディテクターとは別のアプローチで砲撃戦を想定したバリエーション機として開発されたのが本機である。
最大の特徴は背部に固定装備したハイ・メガ・キャノン。
完成度はZZガンダムのものに及ばないが、大火力を即時戦線に投入するというコンセプトは、ZZガンダム同様であり第4世代MSへの過渡期的な機体であると言えるが、実際に建造され、実戦投入されたかは不明とされている。
ハイ・メガ・キャノンの搭載にあたり、構造強度を大幅に引き上げる必要があったため、メタスの欠点の1つであった機体の剛性不足が解消されると同時に、結果的に構造材や電子機器までも新規設計されることとなり、背部ハイ・メガ・キャノンがMS形態でも運用可能となったことで、状況に左右されずに大火力を発揮することができるようになった。
TOP