CLOSE MENU

フルアーマーガンダム7号機

フルアーマーガンダム7号機
  • 地上適正
  • 宇宙適正
増加装甲への固定兵装と推進装置を付与することで高い攻撃力と機動性の獲得を目的としたFSWS計画。その一環として構想されていたガンダム7号機は、基本フレームのみが完成した段階で終戦を迎え、戦後に完成することとなった。
母体であるガンダム7号機にファースト・アーマーを装備した状態が、いわゆるフルアーマーガンダム7号機となる。
本機は、増加装備にサブ・ジェネレーターを内蔵したことで長距離ビーム・キャノンの運用が可能となった。FSWS計画機でお約束となった増加装甲内へのミサイルの設置や、腕部にビーム・ガンやグレネード・ランチャーが装備されるなど、総合火力の大幅な強化が行われている。
また、機体各所へのスラスター増設に加え、腰部にはテールスタビライザーが装備され、機体重量を感じさせない加速性能を実現している。
TOP