CLOSE MENU

ジム・ストライカー

ジム・ストライカー
  • 地上適正
ジム改をベースとし、近接戦闘に特化した強化改修が施された機体。
近接時の被弾を考慮した重装甲化と、それにともなう重量増加をカバーするための大型バックパックが特徴。
同時開発されたツイン・ビーム・スピアは、対MS近接戦用の装備で、伸縮式のロッドにビーム・サーベルを2本装着しており、リーチを活かして相手より先に攻撃するためのスピアモードと、より近接状態でコンパクトに運用できるサイスモードに可変する対応力の高い装備となっている。
また、シールドも防御だけでなく、打突攻撃に対応したものが装備されている。
しかし、中・長距離での集団射撃による面制圧を基本戦法とした連邦軍の運用傾向から、特定のパイロットや、特殊任務部隊などで少数使用されるに留まった。
TOP