CLOSE MENU

ギラ・ズール

ギラ・ズール
  • 地上適正
  • 宇宙適正
ネオ・ジオン残党軍の「袖付き」が、ギラ・ドーガに代わる主力MSとして運用する量産型MS。
本機はネオ・ジオン軍の次期主力MSとして開発が進められていたが、「シャアの反乱」の終結によって、計画が保留となり、新たに「袖付き」により量産計画が続行となった際に設計が見直され、生産性と運用性、拡張性を重視したギラ・ドーガの発展強化に留まるものとなった。
ジオン再興の象徴として、外観にはザク系列特有の特徴が多く見られ、スマートでシンプルながら、同時代のMSとして十分な性能を持ち、バランスのよい非常に扱いやすい機体となった。短期で生産、配備されたのにも関わらず、多種多様な武装をはじめ、パーツごとの装備換装によって乗り手や戦場を選ばない多様性を実現しただけでなく、他機体の装備を運用するなどの柔軟性も併せもつことで、目的別に複数のMSを生産せずとも、全局面に対応しうる戦力となったことは特筆に値する。
TOP