CLOSE MENU

ネモⅢ

ネモⅢ
  • 地上適正
  • 宇宙適正
一定の総合的性能を備えたネモであったが、戦闘が激化したグリプス戦役中期には出力不足が指摘されるようになり、機体性能の向上を目的としてアナハイム・エレクトロニクス社で開発されたといわれる機体。
ジェネレーターの換装によって総合的な性能向上を図ったものの、出力の向上と安定化に関して想定された結果に至らなかったネモⅡの武装強化型にあたる。
機体出力に影響しないように攻撃力を増強するという制約の中で、Eパック方式のビーム・キャノンを追加装備することで対艦戦闘にも耐えうる高火力実現を目指した。
結果的にはネモと比較して総合能力向上と高火力を実現した機体となったが、エゥーゴ指導者であるブレックス准将暗殺の混乱で開発が遅滞し、完成したのはグリプス戦役末期。
後年になって地球連邦軍で運用されていた記録がある。
TOP