CLOSE MENU

零式

零式
  • 地上適正
  • 宇宙適正
かつてガンダムを開発したテム・レイの助手を務めた技術者であるエドヴァルド・レイブンによって開発された機体。
第2世代機の案件を満たした最初期の機体である、リック・ディアスに続く機体開発の中で、可変機構により移動力の劇的な強化を果たすZプロジェクトが立ち上がったものの、変形機構を組み込むフレーム強度の問題から計画は中断、地上と宇宙の両方で活動可能なMSというコンセプトを残し、データ収集機として非変形に再設計された経緯をもつ。
百式に比べ、リック・ディアスとの共通意匠が多く、かつ、頭部はZガンダムに近い意匠を持つなど、Zプロジェクトによる試行錯誤の過程がいたるところに見受けられる実験的な機体ながら汎用性も高く、防御面に不安はあるものの、第2世代の高性能機体として成立していると言える。
クワトロ・バジーナの搭乗機として、リック・ディアス同様にかつてのシャア・アズナブルを意識した赤の機体カラーとなっているが本機の実在に関しては諸説あり定かではない。
TOP