CLOSE MENU

ジャムル・フィン

ジャムル・フィン
  • 地上適正
  • 宇宙適正
アクシズで開発された高機動型の可変MA。
元々はビグ・ザム系統の大型MAとして設計されていたが、戦況の変化と共に即戦力を求められたことで先行して開発の進んでいたハイ・メガ・キャノンを中心とし、頭部と手足が急遽取り付けられることとなった。
ハイ・メガ・キャノンの威力が期待どおりであったため、その火力の戦線投入を第一とし、人型兵器としての機能を極力排除することで、早期開発を実現した急造兵器といえる。
そのため、MS形態は人型とはかけ離れた姿となっており、実質的にはMA形態が基本形態となる。
また本機は、同時開発されたメガ・ブースターとドッキングすることで長距離移動と武装強化が可能とされていた。
しかし、それを抜きにしても高機動と高火力を備えた本機は急造兵器ながらも十分な戦力として実戦運用された。
TOP