CLOSE MENU

ハイゴッグ

ハイゴッグ
  • 地上適正
水陸両用MSの先駆けであるゴッグを統合整備計画のもとで再設計した機体。
統合整備計画に基づく他のMSとの部品共有、操縦系の共通化によって、大幅なコストダウンが図られると同時に、新技術の投入で総合的に機体性能が向上している。
しかし量産を急いだゴッグには問題点が多かったため、結果的には元の面影を残さない完全新設計の機体となった。
水陸両用ながら陸上戦闘力の強化に重点を置いた設計によりゴッグの持ち味であった重装甲は犠牲になったものの、高い機動力と打撃力を併せ持つにいたった。
追加装備でハンド・ミサイル・ユニットやジェット・パックを利用することで、様々な作戦への対応力も増している。
サイクロプス隊による北極基地襲撃時にズゴックEと共に活躍した。
TOP