CLOSE MENU

ギガン[空間戦仕様]

ギガン[空間戦仕様]
  • 宇宙適正
一年戦争末期に小惑星ペズンで開発された防空防衛任務用の機体をネオ・ジオンが空間戦特化型として改修した機体。
ベース機は歩行ユニットを持たず、3輪で走行する移動砲台であったが、車輪を撤廃し、大型プロペラント・ブースター2基が設置されているため、機動性能は見た目以上に高い。
本体形状はギガン開発時の構想の1つと思われる、重装甲のタイプへと変更されており、通常型より微弱ながらも装甲強度は向上している。
頭部の180mm砲ユニットはそのままに、腕部ガトリングはより強力なものに換装され、火力は増している。
ドラッツェ同様に、旧式機を特化した改修により低コストで戦力として投入した例の1つであり、主力となるMS部隊にブースターを利用して追従し、突撃のための露払い役としての射撃支援を行うことを主任務としていた。
TOP