CLOSE MENU

ゼー・ズール

ゼー・ズール
  • 地上適正
ネオ・ジオン残党軍の「袖付き」が運用する主力MSであるギラ・ズールをベースに、水陸両用に改修した機体。
ベースとなったギラ・ズールはネオ・ジオン軍の次期主力MSとして開発が進められていたが、「シャアの反乱」の終結によって、計画が保留となり、新たに「袖付き」により量産計画が続行となった際に設計が見直され、生産性と運用性、拡張性を重視したことで、ギラ・ドーガの発展強化に留まるものとなった。
本機の開発にあたっては、ギラ・ズールのフレームをそのまま利用しつつ、内装品は重力下仕様に換装、旧ジオン軍の水陸両用MSの運用データを元にオプション式の各種水中用装備と水圧を軽減する外装が作られることとなった。
デッドウェイトを避けるため、上陸時には不要な水中装備が切り捨てられるようになっており、これにより陸上での戦闘能力はベースであるギラ・ズールを凌駕する。
TOP