CLOSE MENU

ヅダ

ヅダ
  • 地上適正
  • 宇宙適正
ジオン公国軍の制式MS採用試験において、ジオニック社のザクⅠに敗れたツィマット社の機体の改良機とされる。
初期機体は、大推力を短時間で獲得できるうえに、推進方向を自在に転換できるなど、宇宙空間での高い機動性を誇っていたものの、開発コストが抑えられず、さらに採用試験中に機体が空中分解事故を起こしたことで採用を見送られた。
しかし積み上げた推進システムの技術はドム系でも採用された「土星エンジン」として昇華され、機体の総合性能向上とあわせ本機に搭載されている。
ジオン公国軍の上層部は戦意高揚のためにこの機体を最新型MSとして大々的に宣伝したが、実際には機体の欠陥は改善されておらず、評価試験中に再度空中分解し、量産には至らなかった。
TOP