CLOSE MENU

ガルスJ

ガルスJ
  • 地上適正
  • 宇宙適正
ネオ・ジオンが地球圏侵攻のために試作した白兵戦用機体。
地上戦を見据えた設計だが、宇宙でも運用可能。
アクシズへの帰還を果たした旧ジオン公国軍系の技術者たちが開発したことで、デザインやコンセプト面は既存のアクシズ系MSより旧ジオン系MSの色が濃いものとなっているが、第2世代MSの基幹であるムーバブル・フレームやリニアシートなどの最新技術も取り入れた機体となっている。
エンドラ隊によって実戦テストが行われた後、操縦性の高さと安定した性能、生産性の高さが評価され正式に量産が開始されたが、白兵戦用機体としては内蔵武装の多さに起因した重量増加や機体大型化などの欠点もあり、実際の運用では汎用的な近~中距離戦が主となった。
とはいえ総合評価は高く、後の時代でも大幅軽量化による白兵戦特化型や、火力増強した支援型などの複数の派生機が実戦運用されたことが確認されている。
TOP