CLOSE MENU

ザクⅠ

ザクⅠ
  • 地上適正
  • 宇宙適正
ジオン公国軍が開発した人類史上初の実戦用量産型MS。
開戦に向けて大量生産されていたが、ジェネレーターの出力不足、排熱による活動時間の制限や運動性能低下などの問題点を残しており、開戦時には改良型であるザクⅡが主力として配備されることとなった。
ザクⅡの配備が進むに連れて、補給部隊で作業用として使われたり、特殊装備の試験機に転用されるなど、華々しい活躍をすることなく最新鋭主力機から一転、「旧ザク」と呼ばれるに至った。しかし、ザクⅡと異なり動力パイプを機体内に完全格納した構造は排熱問題や性能低下の原因の1つになっているもののシンプル故に機体剛性は見た目以上に高く、頑強。現地改修機やパーソナルカスタム機も多数存在し、終戦まで運用され続けた傑作機といえる。
TOP