CLOSE MENU

マラサイ

マラサイ
  • 地上適正
  • 宇宙適正
アナハイム・エレクトロニクス社がエゥーゴに向けて開発した量産機だったが、エゥーゴとの関係を黙認させるため、グリプス戦役勃発直後の政治取引でティターンズに無償供与されたのち、地球連邦軍の制式採用となった経緯を持つ機体。
全天周囲モニターとリニア・シートを採用したコクピット、ビーム兵器の標準装備、ムーバブル・フレームの採用、装甲へのガンダリウム合金の使用という、要件を満たした生粋の第2世代MSである。
ハイザックの開発過程で生じた不具合も見られず、総合性能に優れた汎用性の高い機体となっている。
量産型MSとしては十分なスペックを持つ本機だが、ここから加速する高性能MS開発ラッシュの中に埋もれていくこととなる。
それでも機体の信頼性は非常に高く、後年では性能面の不足を武装で補うことによって運用された例もある。
TOP