CLOSE MENU

ジム・キャノン<br>[空間突撃仕様]

ジム・キャノン
[空間突撃仕様]
  • 宇宙適正
ガンキャノンの実質的な量産機であるジム・キャノンを空間戦に対応させた機体。
地上戦において、肩部のキャノン砲射撃時のカウンターウェイトとして設定されていた脚部の分割式増加装甲が外され、ジム・スナイパーカスタムと同型のバーニアスラスターを装備することで、戦闘時の姿勢制御性能の向上が図られ、空間戦に向けた改修が施されている。
それ以外にも機体各部が再調整され、総合能力が一段階上昇しており、本来地上用だった通常型のジム・キャノンを宇宙で運用した場合、その能力差は明白である。
肩部のキャノン砲も空間戦闘に適したものに換装され、携行式のロケット・バズーカを装備することで総合火力も上昇し、中距離支援能力だけでなく、自衛力も増した。
最終決戦となったア・バオア・クー攻防戦への実戦投入がなされたものの、大半がその戦闘において失われたとされる。
TOP