CLOSE MENU

リック・ドム

リック・ドム
  • 宇宙適正
ツィマット社が開発したドムの宇宙用改良型。
ビーム兵器を標準装備する連邦軍のMSの出現で、ザクⅡに代わる新型機の配備が急務となったジオン公国軍は、次期主力機開発までのつなぎとして既存MSの改修機を実戦配備することとした。
ジオニック社の高機動型ザクⅡ(R-2型)とツィマット社のリック・ドムが競合機種として候補となったが、総合性能とコストパフォーマンス、生産性で勝る後者が採用された。
ドムからの主な変更点は、地上用の熱核ジェットエンジンを宇宙用の熱核ロケットエンジンへと換装、各部にスラスターを増設、防塵機構の冷却機構への置き換えと、再設計による機体各所へのプロペラントスペースの確保など、内部機構の改修が主で、大きく外観には変化がない。
次期主力機の配備が遅れ、長く主力機として運用された。
TOP