CLOSE MENU

ザク・キャノン<br>[ラビットタイプ]

ザク・キャノン
[ラビットタイプ]
  • 地上適正
中距離支援機であるザク・キャノンのマイナーチェンジ機。
ザク・キャノンは、ザクⅡをベースとし、防塵対策をはじめ各部を重力下仕様へ変更し、対空兵装として180mmキャノンを搭載した改修機である。
機体の基本部分はザク・キャノンと同仕様だが、ブレード・アンテナが2本設置された独特の頭部形状から、ラビットタイプと呼ばれている。
本機はこのラビットタイプを対空迎撃用途ではなく、対MS戦における中距離支援機に特化させる形で、腰部にビッグ・ガン、左手にシールドを追加装備し、火力と防御力を向上させた重装備仕様となっており、機体性能もそれに合わせた調整が施されている。
ベースとなったラビットタイプは、一年戦争時に北米戦線で活躍したイアン・グレーデンの愛機が有名。
TOP