CLOSE MENU

リゼル

リゼル
  • 地上適正
  • 宇宙適正
第2次ネオ・ジオン戦争の後、少数が量産され、配備されたリ・ガズィと同じRGZ系列に連なる可変MS。
リ・ガズィのBWSによる準可変機構ではなく、グリプス戦役時に試作されたZⅡの設計をリファインする形で開発され量産化に成功した。
変形時の巡航形態はZガンダムと同じくウェイブライダーと呼ばれているが、シルエットはZⅡと同様にメタス系のMA形態に近いものとなっている。
内装の一部をジェガン系列と規格統一することにより、可変MS開発において問題になっていた高コストによる生産性の低さを解消し、リミッターによる機体の限界性能引き下げと、システムによるサポートのおかげで、Z系列特有の操縦難易度も緩和され新兵でも扱うことができるようになっている。
ラプラス事変にてロンド・ベル隊所属機を含む多数が投入された。
TOP