CLOSE MENU

ゼク・アイン<br>[第3種兵装]

ゼク・アイン
[第3種兵装]
  • 地上適正
  • 宇宙適正
一年戦争終結後、ティターンズ教導部隊の拠点となった小惑星ペズン基地で開発された実験機のひとつ。
グリプス戦役以降、複雑な可変機構、大出力&大火力などの少数生産機が開発の主流となる中で、MS本来の汎用性をもつ新世代の主力量産機を目指したのがこのXシリーズである。
ムーバブル・フレームを骨太で単純な構造とし、推進器も剥き出しにしないようにするなど、既存技術をベースに様々な工夫により、高い信頼性をもった頑強な機体となっている。
汎用性向上のため、目的別の多彩なオプションを装備可能としており、本機は実体弾兵装の携帯を基本とする第3種兵装オプション装備機となっている。
堅実で完成度の高い機体であったが、ペズンに駐留する地球連邦軍教導団がニューディサイズとして叛乱を起こした際、全機材を持ち出した上でペズンを破壊したため、技術系譜は途絶えてしまうこととなった。
TOP